消費者金融の利用と注意点

本当に必要とする借金かどうかをまず検討する

多重債務者となっている人の中には、ショッピングやギャンブル、海外旅行といったどうしても必要とはいえないもののために借金した人がいます。
こうした費用の捻出のために高金利の消費者金融を利用することは危険です。
支払いが不能になり、借金整理のために自己破産をしようとしても、裁判所は浪費として、面積を許可してくれない場合もあります。

返す当てのない借金はしない

借金は金がないから借金するのであり、元金に利息をつけて返さなければなりません。
こういう状況で借りるのですから、返済の目処をたてて借りるべきです。
債権者の中には、利息分だけでも返していればいいんだ、と思っている人もいるかもしれませんが、それではいつまでたっても元本は減らず、やがてまた借入を増やし、破産の路をたどることになるとも限りません。

友人や家族から借りられないか検討する

どうしても借金をしなければならない場合には、友人や家族から借りられないかをまず検討すべきです。
友人や家族の場合、ほとんどは利息はいらいないでしょう。
その代わりに、返済の約束は守ることが大切になります。

金利の安い、貸金業協会加盟の業者から借りる

消費者金融からの借金の利息は、銀行などの利息に比べて高利となっています。
しかも、その金利は一律ではありません。
大手の消費者金融では、現在の金利は個人額に応じて年率8〜18%程度です。

貸金業者を選ぶ基準としては、登録業者であるか、貸金業協会に加入しているか、どうかということがあります。
登録業者が貸金業協会に必ず加入しているわけではありませんが、業者を選ぶ一つの基準になります。

利用件数・利用額は少なめにする

小口でも多くの業者から借入をすると、借金の総額はあっという間にふくらんでしまいます。
返済のためにつぎつぎと業者を代えて借入れているようになると、利息が利息を生み返済が困難になります。
また、多くの返済を管理しなければならず、取立と返済金の用意で走りまわらなければならないことにもなってしまいます。

契約書はしっかり読み、領収書等はきっちり保管しておく

契約書は、よく読むことです。
契約書については、いざ何かあった時には、この契約書がモノをいうのです。
貸金業法では、契約者や領収書の交付を義務づけていますので、業者が発行する書類は必ず保管しておいてください。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口は、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談