架空請求詐欺

身に覚えのない料金を請求する郵便やメールなどを送りつけ、お金を振り込ませる「架空請求」。
少し前まで、架空請求といえば、インターネットのアダルトサイト利用料など、若い人をターゲットとする手口がほとんどでした。
しかし、最近では高齢者が狙われるようになっています。

「架空請求」とは、文字通り、身に覚えのない請求を送りつけ、その代金を振り込ませるというもの。
なぜ、自分が利用もしていない料金を払わされることになってしまうのでしょうか?

もっとも多かったのは、若い人たちをターゲットとするインターネットのアダルトサイトの利用料などを請求するものでした。
出会い系サイトやアダルトサイトの利用料や登録料が未納になっています。指定の期日までに入金が確認できない場合は、裁判に訴えます」などと突然、電子メール、ハガキ、封書、電報で連絡がくるのです。

受け取った人は、「そんな料金はないはず」と思っても、好奇心などからこうしたサイトを閲覧したことがあるのも事実。
もちろんどこを見ていたかなんて覚えていません。
そこで、「あのとき見たサイトは有料だったのか…」と思ったり、トラブルに関わりたくないと思ったりして、お金を振り込んでしまうケースがあったのです(架空請求も数万円と比較的少ないことが多い)。

しかし現在では、有料サイトを使った架空請求が行われているということが、若い人たちに知られるようになってきたのです。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口は、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談