夫の借金を妻が返済する必要があるか

たとえ夫婦であっても夫の借金を妻が返済しなければならない義務はありません。

夫婦であっても借金は別が原則

夫婦であっても、一方が独自にした借金の返済の責任を他方が負う義務はありません。
たとえ、夫の借金の事実を知っていたとしても同様です。

しかし、そうでない場合もあります。

日常家事債務

例えば、夫の趣味のクルマの購入のための借金であれば妻に返済の義務はありませんが、これが日常生活に必要な買い物による借金だったような場合には、夫婦は連帯して責任を負うことになります

ただ、このような場合、少額なことが多く、実際に問題となることは多くないと思われます。

連帯保証

マイホームの購入など高額の買い物をするためにローンを組んだり割賦購入をするときには、夫婦としてその一方に連帯保証を求められ、保証人となることが多いと思われます。

この場合は、夫婦だからというのではなく、連帯保証契約に基づく返済の義務が生じます。
もちろん、あなたが知らないうちに、夫が無断であなたの名前を使ったなどという場合には、この義務を否認することができます。

不当な要求に屈しない

ヤミ金などの悪質な業者には、本人以外の配偶者、子供、親、親戚、近所等、手当たり次第に返済を要求するケースが見られます。

ここまでひどくなくても、一般のお金の貸し借りでも、思うように返済してもらえない貸主はつい、その配偶者や親などに責任を追及しようとすることがあります。

そうした要求を受けた場合、返済の義務がないことをはっきりと告げて、不当な要求には屈しないことが大切です。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口では、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談