名義を貸した者の責任

あなた自身がカードを作って渡した場合、あなたは責任を免れることはできません。

外見上自分の行為と認められる事柄があれば、責任は負わなくてはならない

金融業者との間では、ごく一般的な、自分を名義人とするクレジットカードの利用申し込みをし、その発行を受けたことになります。

単に知人の依頼でクレジットカードを作ることだけを了解し、それを実際に他人に使わせることはもちろん、自分自身で使うことも考えていなかった場合でも、金融業者は本当のところはわかりません。

最近では、金融機関は、本人であるかどうかの確認や、本人の意思の確認をかなり神経質にやるようになっており、あなた宛のクレジットカードが発行されたところを見みると、あなたは、そのような確認のための資料、例えば運転免許証の提示だとか、申し込みのあったことの確認のための照会文書の返送だとかを行っていたのでしょうから、外側から見たらあなたはごく通常のクレジットカードの申し込みをして、その発行を受けたとしか見えません。

そうなればそのクレジットカードを利用して買い物等をすれば、あなたが利用したものと思われ、あなたはその利用に基づく責任を負わなければなりません。

刑事事件に巻き込まれることもある

最近では、例えば預金口座を売ってくれと言われて、安易に通帳を作ってその通帳と印鑑を渡した結果、その口座が振り込め詐欺に使われていたなどと言うことはよく聞く話です。

また自分名義のクレジットカードが取り込み詐欺の道具として利用されるなどということもあります。

自分名義のカード等を作って他人に渡すということは、そうした詐欺など悪質な犯罪に加担するということでもあるということを、十分に考えなくてはいけません。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口では、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談