過払い利息をどのようにして取り戻せばいいのか

消費者金融業者に取引履歴の開示を求め、それにより利息の引き直し計算をし、業者に返還を求めます。

取引履歴の開示請求

消費者金融業者からお金を借りた人が、毎月滞りなく返済していても、その領収書、振込送金の控えなど資料全部を残していることは稀です。

したがって、今までに幾らの元金もしくは利息を業者に支払ったかわからない人が大部分です。

しかし、あきらめる必要はありません。
あなたが業者に対し、今までの金銭賃借の全取引履歴を開示するよう要求すると、業者はこれに応じなければいけないことになっています

業者によっては、資料が残っていないなどと逃げ口実を打つ場合がありますが、開示することは業者の義務とされていますので、根気強く要求することが大切です。

利息の引直し計算

業者から取引履歴が開示されましたら、それに基づき、利息制限法の利率を超えて支払った利息を元本に充当する計算(利息の引き直し計算)をする必要があります。

そのためのパソコン用ソフトもありますが、ソフトを持っていない場合は、弁護士、司法書士などに依頼して引き直し計算をしてもらうのも一つの方法です。

請求の方法

計算の結果、残元本が大幅に減少する結果となった場合には、その旨を業者に直接伝え、その後は減額になった残元本だけを支払えばいいことになります。

計算の結果、すでに元本の支払は終わっているのに、なお業者にお金を支払ってある場合もあります。

これを利息の過払いといいます。
利息の過払いが生じている時は、業者に返還請求をします。

ただ、業者も簡単には応じないことがあります。

その場合には、裁判を起こさざるを得ないかもしれませんので、そこで弁護士、司法書士に依頼してもいいですが、最初から弁護士、司法書士に依頼して返還請求をすると、業者によっては裁判を起こさなくても話し合いに応じる場合があります。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口は、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談