海外商品先物取引被害

「海外商品先物取引」や「海外商品先物オプション取引」も、外国為替証拠金取引と同じように証拠金を預けて、その何倍もの額の先物商品の取引をするものです。
その商品は、先物取引されている原油や貴金属、コーン、コーヒー豆、大豆、砂糖など、さまざまなものが登場します。
もともと先物取引は価格の乱高下のリスクを避けるため、将来の売買の権利を売り買いする一部の専門家のための市場ですが、これを投資商品として、一般の人に販売しているケースがあるのです。

先物取引自体が、一般の人になじみがなく、その仕組みがどうなっているかわかりにくいもの。
しかも、損失が出た場合の額が非常に大きいため、知識や経験がない人が手を出すにはリスクが大きすぎるといわざるを得ません。

金銭トラブル解決センターには、知識のない高齢者や20代の若者からの被害の相談が多く寄せられ、中には借金までさせられたケースもあります。

事例③

仕事が休みでたまたま自宅にいたところ、来訪した業者に80代の母親が現金を渡しているのを見かけた。
母を問いただしたところ、業者に「値上がりが見込める」と言われ、海外市場での原油の先物オプション取引を契約していることがわかった。
取引の仕組みについて勧誘員から説明があったようだが、母親はまったく理解しておらず、業者に言われるがままに契約書や確認書など複数の書類にサインをさせられていた。
解約をしたいと思い業者に連絡したところ、清算金は170万円とのことだった。
母や570万円を投資しており、契約からわずか12日で400万円も損をしてしまった。
東京都 80代 女性)

このように悪質な業者が多数参入しているのですから、金融知識が乏しい人は絶対に関わらないことです。
業者の饒舌(じょうぜつな)説明を聞いていうちに「わかった気分」になるかもしれませんが、絶対に油断してはいけません。
業者のあいまいな説明に少しでもわからない、納得できないところがあれば、しっかりと断ることです。

お電話でのご相談

金銭トラブル相談窓口は、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は8:00〜23:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

電話はこちらへ

ご相談について

金銭トラブル相談窓口は、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談