実印を押したり、印鑑証明を出す意味は?

捺印

実印、印鑑証明書は、本人であることや、本人の意思確認のための資料となる大切なものです。
実印を押すときは、書類の内容をきちんと理解しましょう。

実印と印鑑証明書

印鑑登録をした印のことを、一般に「実印」と言っています。

印鑑登録は、個人の場合と、会社などの法人の場合とで異なり、個人の場合は住民票のある市区町村役場で手続をし、法人の場合は、本店所在地の法務局で手続をしますが、どちらも、その個人なり、法人であるということを印によって証明する制度です。

登録されている印は、他にも同じような印があるというようなものでは困りますので、大量生産されるいわゆる三文判のようなものは好ましくありません。

そして印鑑証明は、印とその人の住所、氏名、生年月日などが記載されたもので、「この印はこの人の登録印に間違いありません」という市区町村長の証明書です。

実印はその人自身の印として登録されているものですし、印鑑登録書は、押された印がその人の実印ですよということを証明するものですから、その個人本人であることの証明になります。
また、実印が押された書類があり、印鑑証明書が添えられていれば、その人が、実印の押された書類に書かれていることを了解したということになります。

金融機関が前々から取引のあるあなたにまで、貸金の書類に実印を押させ、印鑑証明書を要求するのは、金銭の授受を含め、他ならぬあなたとの間で金銭消費賃借契約が成立したことについて、後日トラブルのないように確実にしておきたいということです。

実印、印鑑証明書の扱いは慎重に

逆に言えば、実印を押し、印鑑証明書を提出すれば、後で、自分は中身をよく見ていなかったとか、自分は同意していなかったなどと、文句をつけることは大変困難になります。

したがって、実印を書類に押したり、印鑑証明書を提出する場合には、その書類の中身を良く読んで、十分に納得してからにしましょう。

時々時間がないなどということで捺印を急がされたりする場合もありますが、疑問となる箇所があればきちんと説明を求め、納得できないようであれば持ち帰るというようなことも考えましょう。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口では、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談