契約書類がなくても、金銭消費賃借契約は成立する?

金銭消費賃借契約は、返済の約束と、お金の引渡しで成立し、契約書類の作成は必要ではありません。

金銭消費賃借契約は成立するためには

  1. 借主がお金を返す約束をする

  2. 貸主がお金を渡すこと

が必要です。

1のことは当然のこととしてお分かりだと思います。

そして、2の、契約の目的のお金が、現実に貸主から借主に渡っていなければならないという点では、少々特別な契約です。

物の売り買い(売買契約)や、建物などの貸し借り(賃借契約)の場合は、目的の物や、建物などが、買主や、借主に渡っていなくとも契約は成立するからです。

しかし、契約書類がなくても、成立するという点では、格別他の契約と違いはありません。

つまり、1、2のことがあれば、特に書類にしていなければならないということはないのです。

借用書、契約書は、最も重要な証拠

借用書001

しかし、借用書や金銭消費賃借契約書は、お金を返してもらうためには最も重要な証拠になります。

もちろん、借主が借りたことを認めているなら何の問題もないわけですが、借主が借りた覚えはないとしらばっくれ、借用書がないとなると、返済を受けるのはとても困難になります。

親しい間柄でも、借用書等がなかったために、かえってトラブルが大きくなることもあります。

必ず、借用書等の書類を取り交わしましょう。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口では、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談