クレジットカード利用ではここを注意する

カードの管理に常に気を配る

  1. カード会社規約の確認
    消費者(利用者)がカード会社に対してカードを発行を申し込み、カード会社がこれを承認するとこにより、消費者はこのカード会社の会員となります。
    そしてカード会社と会員との関係を拘束するのが会員規約です。
    会員規約にはさまざまな禁止事項や、訴訟になった場合に管轄する裁判所など定められていますので、必ず目を通しておかければなりません。

  2. 手数料の確認
    カードで商品を購入したり、サービスを受ける場合には手数用がかかります。
    手数料とは、現金一括価格とカードで買った場合の価格との差額で、実質的には金利に相当します。
    しかし、これは加入商店側が負担することが多いようです。

  3. 支払日、遅延損害金の確認
    支払日支払なかった場合には遅延損害金を取られます。
    遅延損害金は、当該遅延額×任意の損害金率と残金×6%のいずれか低い法の額となります。
    割賦販売法の適用のない取引は、当該遅延額の14.6%の賠償額です(消費者契約法)。

  4. カードの管理
    カードの紛失・盗難によって他人に不正に使用された場合にも、カードの保有者は支払責任を負うことが会員規約には定められています。
    カードの管理には十分な注意が必要です。
    ただし、自動的保険制度があります(くわしくはあなたが所持するカード会員規約あるいはカード発行会社で確認してください)。

  5. 伝票や請求書の確認
    カードを利用したときには、必ず伝票の金額に間違いがないか確認すること。
    そして伝票を保存しておき、後日カード会社から請求書が届いたら必ず伝票と照らし合わせて間違いがないかか確認する必要があります。

  6. 余分なカードは作らない
    カードを何枚も保有していると、管理も大変になります。
    また保険料や年会費も余計にかかります。
    カードの枚数は最低限にすすことも大切です。

カード会員規約の内容を把握しておく

カード会員規約は細かい文字で書かれ、内容も一般にはりかいしにくいものもあります。
会員規約によれば、カードの所有権はカード会社にあり、会員はカードを借りているだけということになります。会員以外の者は、カードを使用することができず、カードを他人に貸したり、譲ったり渡したり、借金の担保としたりすることは禁止されています。

デビットカード

日本では3億枚以上の銀行などのキャッシュカードがデビットカードとして使われています。
このデビットカードとは、即時決済と言う意味で使われ、郵便局や銀行のキャッシュカードで買物等の代金支払ができます。

デビットカードは即時決済が特徴であるために、クレジットカードが口座引き落としになるまでに日数があるのに異なり、偽造されると防ぎようがありません。

暗証番号を自分の生年月日や電話番号などすぐに分かるものにしないなどの他、防犯対策の不良な加盟店では使用しないなどの対策も必要でしょう。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口では、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談