クレジットカードを友人に貸したときの支払い義務

クレジットカード手渡し

原則として全額の支払い義務があります。

友人から頼まれて、気軽に自分名義のクレジットカードを貸したなどという人がいますが、はたしてそんなに気軽にできることでしょうか。

実際にこのような行為から大きな金銭トラブルが発生する場合がよくあるのです。
クレジットカードは自分の所有物と考えている人を見受けますが、実はそうではないのです。

クレジットカードの所有権は会員ではく、カード会社にあります。

そして、会員規約によってクレジットカードを会員が他人に貸すことは禁止されています。

さらにカードを他人に貸した場合には、その他人によって使用された部分に関しても、会員自身が使用したものとして会員に支払義務が生じる旨が会員規約に定められています。

したがって、会員がカードを他人に貸し与えた場合で、使用する金額をいくらまでと約束していた場合であっても、その約束の金額を超えて使用された部分についても、原則として会員がその全額を支払う義務を負います。

もちろん、会員はカードを使用した者に対しては、利用した全額を請求することはできます。

支払を拒絶できる場合はないのか?

カードを他人に貸し与えた会員は、その使用された全額について支払義務を負うのが原則ですが、場合によっては会員が他人に使用を認めた金額を超える部分については支払を免れるときもあります。

この場合に気を付けてほしいのは、たとえこのような場合でも、会員が他人に使用を認めた部分については支払を免れることはできないということです。

もともと他人にカードを貸し与えること自体が会員規約に違反しているのですが、約束した金額以上に使用された場合は、その約束を超える部分についての不正使用については、カード会社や販売店がある程度の注意をすることによって不正使用を防止すればできたという状況で、不注意でその不正使用を見逃してしまったという場合は会員が支払義務を免れることがあります。

たとえば、署名をきちんと確認しておけば問題がなかったのに、販売員がいい加減な確認しかしなかったというようば場合には支払を拒否できるものと考えられます。

しかし、いかに場合によっては支払を拒絶できることもあるとはいえ、本来クレジットカードは名義人だけが使用するものであり、他人に譲り渡したり、貸したりすること自体が問題なのです。

つまり、クレジットカードの譲渡・貸与をしたら、何かそれによってトラブルが発生した場合は原因は自分にあると考えるべきです。

トラブルに巻き込まれるのが嫌なら、クレジットカードの管理には十分気を付けて、他人の手に渡ることのないようにすることが最も肝心なことなのです。

ご相談について

金銭トラブル相談窓口では、男女トラブル・金銭トラブルのご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

24時間対応

金銭トラブルの解決は金銭トラブル相談窓口|男女間の金銭トラブル|出会い系の金銭トラブル|日本全国対応|無料相談